ロゴ

お弁当箱に入っているごはんは楽しいですが、夏は痛みやすいので気をつけましょう。

HOME夏のお弁当に気をつけて

夏のお弁当に気をつけて

家で食べるご飯だけでなく、家族や自分のために毎日お弁当を作るという方も多いのではないでしょうか。
それに毎日ではなくても、お弁当をもって休日に家族でお出かけするということがありますよね。
同じおかすでもお弁当箱に入っているというだけで、ちょっとしたグルメ気分になりますよね。
でも夏場は暑さでお弁当が痛んでしまわないか心配になりませんか。
そんなときは市販のお弁当用の抗菌シート利用するのもいいかもしれません。
また抗菌シートを利用しなくても昔から言われている、梅干や酢などの抗菌効果のある食材をお弁当に利用するのもいいでしょう。
そのほかにも一口ゼリーを凍らせておいて、お弁当に入れておけば保冷剤代わりのデザートにもなりますし、最近は冷凍したままお弁当に入れられるオカズも販売されていますから、これも保冷剤がわりに利用できますね。
お弁当を美味しく食べるためには、抗菌シートや保冷剤などを利用するという詰めたあとのことだけでなく、お弁当を詰めるときにも注意が必要です。
まずおかずやオニギリはお弁当箱に詰める前によくさましておくこと。
そうしないと食材から出た湯気でお弁当箱に水分が付いてしまいます。
そこから痛みやすくなるので気を付けましょう。
手作りのオニギリは美味しいですが、きれいに見えても手には雑菌がいっぱいです。
素手で握るのは控えて、ラップなどにくるんで握るようにしましょう。
お弁当はみんなで楽しむグルメですから食べるときに傷んでいたというようなことにならないようにしましょう。

Copyright (C)2019 取り寄せ!弁当!レシピ!自分流にグルメを楽しむ♪ All Rights Reserved.